どりサポ利用規約

第1条(はじめに)

この規約(以下「本規約」)は、株式会社マイセルフ(以下「当社」といいます。)が、ウェブサイト上で「どりサポ」の名称で提供するサービス(名称変更後のサービスを含み、「本サービス」といいます。)に関する利用条件を定めるものです。本サービスを閲覧しその他の方法により利用する者(以下総称して「ユーザー」といいます。)は、本サービスの利用により本規約の全てに同意したものとして取り扱われます。本サービスにつき当社が掲載するガイドラインは、本規約と一体となり当社とユーザーの間の契約を構成するものとします。

第2条(定義)

本規約において用いる用語の意味は、以下のとおりとします。
1. 「キャプテンサポーター」とは、当社との契約に基づき、本サービス上で、個別プロジェクトの広報や寄付などによる協力を呼び掛けるプロアスリートら著名人をいいます。
2. 「スペシャルサポーター」とは、当社との契約に基づき、本サービス上で、本人の発意と工夫により個別プロジェクトをサポートするプロアスリートら著名人をいいます。
3. 「企業サポーター」とは、当社との契約に基づき、本サービス上で募集者の寄付を通じて個別プロジェクトをサポートすることを約束した企業をいいます。
4. 「募集者」とは、本サービス上にプロジェクトを掲出して資金の拠出を募集するユーザーをいいます。
5. 「支援者」とは、募集者によるプロジェクトに対する募集に応じて資金を拠出するユーザーをいいます。
6. 「募集期間」とは、募集者が本サービス上で資金の拠出を募集する期間をいいます。
7. 「ギフト」とは、募集者が支援者に対して提供する物品や役務のうち、リターン以外のものをいいます。
8. 「リターン」とは、募集者が支援者との間の契約に基づき提供する対価性のある物品や役務をいいます。
9. 「反社会的勢力」とは、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団及びこれらに準ずる者、並びに暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して強迫的な言動もしくは暴力を用いる行為、風説の流布、偽計もしくは威力を用いて第三者の信用を棄損しもしくは第三者の業務を妨害する行為、暴力、威力もしくは詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する行為またはこれらに準ずる行為をする者その他の反社会的な団体または個人の総称をいいます。
10. 「プロジェクト」とは、募集者が本サービス上で掲出した企画をいいます。
11. 「目標額」とは、募集者がプロジェクトにおいて募集する金銭の目標金額のことをいいます。

第3条(本サービスと当社の役割)

1. 本サービスは、プロジェクトに対する支援を募りたい募集者と、共感するプロジェクトを探している支援者をマッチングし、支援者が募集者に対してプロジェクトの支援を行うための場を提供するサービスです。
2. プロジェクトの支援に関する契約(以下「ユーザー間契約」といいます。)は、募集者と支援者の間で成立し、当社は、その契約の成立又は履行に一切関与しないものとします。また、プロジェクトに関与する支援者と募集者以外のユーザーまたは第三者(以下「関連当事者」といいます。)がユーザー間契約に基づき何らかの権利を持ちまたは義務を負うか否か、ユーザー間契約または関連当事者の権利義務の消滅や返金、補償等の取り扱いについても、当社は一切関与いたしません。
3. ユーザー間または関連当事者との間においてトラブル等が発生した場合についても、当社が定める基準を満たした場合を除き、当社が紛争の解決のためのあっせん、調停、仲裁その他の紛争解決に向けた措置を講じることはありませんので、本サービスの利用に際しては十分に注意し、あらかじめご了承の上ご利用ください。

第4条(ユーザー登録)

1. 利用希望者は、当社所定の方法により、登録に必要な情報を当社に送信し、ユーザー登録の申請をすることができます。ユーザー登録は、当社が申請を承認したときに完了します。本サービスは、日本居住者を対象とします。
2. 当社は、利用希望者による登録申請の承認につき一切の裁量を持つものとします。なお、次の各号のいずれかに該当すると当社が判断した利用希望者は、ユーザー登録をすることができないものとします。当社は、ユーザー登録の承認を拒否した理由を開示する義務を負わないものとします。
① 反社会的勢力またはその密接関係勢力であること
② 反社会的勢力と資本関係、業務関係、取引関係、交友関係その他の関係があること
③ 過去5年間において、反社会的勢力であったこと
④ 過去5年間において、反社会的勢力と資本関係、業務関係、取引関係、交友関係その他の関係があったこと
⑤ 当社に提供した情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
⑥ ユーザー登録を申請した未登録ユーザーが、過去に本規約もしくは弊社が提供するサービスに関連する契約に違反した者、第16条第2項に定める措置を受けたことがあること
⑦ 登録申請の前後を問わず、本規約に定める禁止事項のいずれかに抵触する行為に及んだこと
⑧ 第15条に定める禁止事項のいずれかに抵触すること
⑨ 登録を申請した未登録ユーザーが過去に本サービスまたは募集者、キャプテンサポーター、スペシャルサポーターら関係者に対し、いわれなき誹謗中傷、妨害活動、信用毀損など、不法行為に及んだことがある者、またはそれらの関係者であること
⑩ 登録申請の前後を問わず、手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害したこと
⑪ その他、本サービスのユーザーとして不適切であると当社が判断したこと
3. 団体であるユーザーは、ユーザー登録をする者が本規約に従い利用登録の申請をすることにより、申請者が当社との間で利用契約を締結する権限を授与したものとして取り扱われることに同意するものとします。
4. 利用希望者は、第1項の規定に従いユーザー登録の申請を行うことにより、第2項各号のいずれにも該当しないことを表明し保証したものとして取り扱われます。

第5条(アカウント)

1. ユーザー登録を完了したユーザーは、自己のアカウントが不正に利用されないようにユーザー登録の際に付与されたID及びパスワードを自らの費用と責任により厳重に管理しなければならないものとし、自己のアカウントを第三者に譲渡もしくは貸与し、または利用させてはならないものとします。
2. 当社は、ユーザーのアカウントを利用して行われた一切の行為を、当該ユーザー本人による行為とみなすことができるものとします。
3. 登録ユーザーが自らの意思で自己のパスワードを変更した場合、第三者に利用された場合、またはその管理を怠った場合の一切の責任はユーザー自身が負うものとします。
4. 登録ユーザーは、登録情報に変更が生じた場合、または自己のIDもしくはパスワードを第三者に知られたり使用されている疑いが生じたりした場合、直ちに当社に連絡するものとします。
5. 当社は、6ヶ月以上の間ユーザーとの連絡がとれなかった場合、そのユーザーを退会したものとみなすことができるものとします。本項により退会したユーザーは、以後当社に対する一切の債権を放棄したものとして取り扱われます。

第6条(プロジェクトの募集)

1. 本サービス上にプロジェクトを掲載することを希望するユーザーは、当社との間でプロジェクトの掲載に関する契約(以下「募集者契約」といいます。)を締結するものとします。
2. 本サービス上に掲載するプロジェクトの取り扱いは、募集者契約に従うものとします。
3. 募集者は、募集者契約にて、支援者に対して対価性のあるリターンを提供することを約束する購入型のプロジェクトと、リターンを提供しない寄付型のプロジェクトを選択するものとします。寄付型のプロジェクトでは、支援者に対する支援のお礼としてギフトを提供することを選択することができるものとします。
4. 本サービスで取り扱うプロジェクトは、以下の2種類とします。
 (1) All or Nothing型:募集期間中に目標額以上の支援を得られた場合に限り成立するプロジェクトをいいます。プロジェクトが成立しなかった場合、募集期間中に得られた支援の申し出はすべてキャンセルされ、募集者は支援者に対してリターンまたはギフトを提供する義務を負いません。
 (2) All in型:募集期間中の支援の額にかかわらず成立するプロジェクトをいいます。目標額の達成のいかんにかかわらず、支援の手続きを完了したユーザーと募集者の間のユーザー間契約は、支援の手続きの完了時点で成立し、購入型において募集者は支援者に対してリターンを提供する義務を負うことになります。
5. プロジェクトは、募集期間中に、①All or Nothing型については目標額以上の、②All in型については1円以上の、支援者による支援の手続きが完了し、募集期間の満了日までプロジェクトがキャンセルその他の理由により中止しなかった場合に、募集期間の満了日をもって成立するものとします。
6. 募集者は、本サービス上にプロジェクトページが掲載されたプロジェクトにつき、募集者契約に規定する場合を除いて、プロジェクトの成立見込みの程度によらず中止することはできないことに同意するものとします。

第7条(システム利用料)

1. 募集者は、当社が提供する本サービスに関するシステムの利用料として、当社に対し、募集者契約に定める金額(以下「システム利用料」といいます。)を支払うものとします。
2. 募集者は、システム利用料その他募集者契約もしくは本規約に基づき募集者が当社に対して負う一切の債務の履行を担保するため、当社に対して、ユーザー間契約に基づき募集者が受領する一切の金銭につき、当社が募集者に代わってこれを受領する権限を付与するものとします。

第8条(プロジェクトに対する支援)

1. プロジェクトには、募集者が提供するリターンを購入することによって支援する購入型のプロジェクトと、募集者に対して寄付することによって支援する寄付型のプロジェクトがあります。支援するプロジェクトがどちらのプロジェクトかは、プロジェクトページに明記されますので、支援者は支援するプロジェクトがどちらのプロジェクトであるかを必ず確認したうえで支援するものとします。
2. 寄付型のプロジェクトは、支援によってリターンを提供されることはありませんが、募集者が支援に対するお礼としてギフトを提供する場合があります。すべての寄付型のプロジェクトがギフトを提供するものではなく、ギフトの提供の有無はプロジェクトページに明記されます。支援者は、ギフトが提供されるプロジェクトを含め、寄付型のプロジェクトに対して、購入型のプロジェクトに関する規律は一切適用されないことに同意するものとします。
3. 支援者は、本サービスのシステムに従うことによってのみ、プロジェクトに対する支援を行うことができるものとします。
4. 当社は、募集者がプロジェクトページの内容に従ってプロジェクトを実行し、また、プロジェクトページに記載された通りのリターンまたはギフトを提供することを保証しません。支援者は、プロジェクト実行上のリスクその他のプロジェクトページの内容を十分に理解した上で、自らの責任で支援者に対する支援を行うものとします。
5. 支援者は、すべてのプロジェクトにつき、支援のための手続きを完了して以降、支援をキャンセルすることはできないものとします。

第9条(ユーザー間契約)

1. 募集者は、当社所定の手続きに従いプロジェクトページを本サービス上に掲載することにより、ユーザーに対し、プロジェクトページに記載される内容の取引の申込みを行うことを勧誘したものとして取り扱われます。
2. 登録ユーザーは、プロジェクトページにおいて、支援に関わる所定の申込ボタンを押下し、所定の支払い方法による決済手続きを完了することにより、募集者に対し、申込ボタンに紐づく支援に係る金銭を支払う義務を負うものとします。
3. 募集者と申込みを完了した支援者との間には、プロジェクトが成立しなかった場合を除き、プロジェクトページに記載される条件に従ったユーザー間契約が成立するものとします。プロジェクトが成立しなかった場合、ユーザー間には何らの契約も成立せず、支援者または募集者は、それぞれ相手方に対して、何らの権利を持たず、または義務を負うこともないものとします。「プロジェクトの成立」については、第6条第5項をご参照ください。
4. プロジェクトの不成立その他理由のいかんを問わず、募集者は支援者に対して、その法律構成を問わず利息またはこれに相当する額の支払義務を負うことはないものとします。

第10条(支払方法等)

1. 支援者による募集者に対する支払いは、当社所定の方法によるものとします。なお当社は、支援者による支払いに関する処理をPAY株式会社(以下「決済代行会社」といいます。)に委託しています。
2. 当社は、募集者に代わって支援者から受領した金銭を、当社の社内規定等に従い、専用口座に当社の自己資金とは分別して管理したうえで、支援者ごとの入金額を帳簿により管理します。
3. 当社は、募集者に代わって支援者から受領した金銭から、決済代行会社に対する決済手数料およびシステム使用料その他募集者が当社に対して負担する金銭債務の額を差し引いた残額を、当社所定の手続きに従い、募集者に引き渡すものとします。
4. 支援者による募集者に対する支払い手続きの完了からユーザー間契約の決済完了までの間に、当社のほか銀行、決済代行会社等が破綻し、またはその他の理由により取引履行することができなかった場合、ユーザー間契約の決済が完了しない場合があります。この場合には、ユーザー間契約は自動的にキャンセルされるものとし、募集者は支援者に対してリターンまたはギフトを提供する義務を負わず、支援者は募集者に支援金を支払う義務を負わないものとします。
5. 購入型のプロジェクトにつき本規約に従いユーザー間契約の決済が完了した場合、募集者は、本規約に定める場合を除き、支援金の受領の有無を問わず、支援者に対してリターンを提供する義務を負うものとします。ただし、支援者がユーザー間契約のキャンセルにつき承諾した場合はこの限りではありません。

第11条(キャンセル等の対応)

All or Nothing型のプロジェクトが成立しなかった場合、プロジェクトが本規約または募集者契約の定めに従い中止された場合、またはユーザー間契約がユーザー間で取り消しもしくは解除された場合、ユーザー間契約は契約締結時にさかのぼってそれぞれ効力を喪失するものとします。募集者は、プロジェクトが中止された時点ですでに支援者による支援金の支払いが行われている場合には、支援者に対して、支援金相当額を返金手続きをするものとします。この場合、当社は、返金手続きが適切に行われるようサポートしますが、返金手続きが適切に行われることを保証するものではありません。当社が募集者のために支援金の返還手続きのサポートのための費用を負担した場合には、募集者に対して費用相当額を求償することができるものとします。

第12条(ユーザー間の紛争)

1. ユーザーは、ユーザー間契約に基づく権利または義務に関連して紛争が発生した場合その他ユーザー間で紛争が発生した場合であっても、当社が紛争の解決のためのあっせん、調停、仲裁その他の紛争解決の手段を講じる義務及び責任を負わないことを確認するものとします。
2. 当社がユーザー間の紛争解決のために費用(当社の判断により弁護士、会計士、税理士、コンサルタントその他紛争解決のために有用な専門知識を有する者に業務を委託した場合の費用を含みます。)を支出し、またはユーザー間の紛争に起因または関連して損害を受けた場合には、当該ユーザーに対し、費用または損害に相当する額を求償することができるものとします。

第13条(サポーター)

1. 当社は、個別プロジェクトに共感するプロアスリートら著名人を、個別プロジェクトに関するキャプテンサポーターとして起用し、本サービスを通じた募集者に対する広報や寄付などを通じた協力を要請することがあります。キャプテンサポーターは、プロジェクトに関して何ら責任を負うものではありません。
2. 当社は、キャプテンサポーターとは別に、個別プロジェクトに共感するプロアスリートら著名人を、個別プロジェクトに関するスペシャルサポーターとして起用し、本人の発意と工夫により個別プロジェクトのサポートを要請することがあります。スペシャルサポーターは、プロジェクトに関して何ら責任を負うものではありません。
3. 当社は、個別プロジェクトに共感する企業を、個別プロジェクトに関する企業サポーターとして起用し、募集者に対する寄付等を通じて個別プロジェクトに対するスポンサーとなることを要請することがあります。企業サポーターは、プロジェクトに関して何ら責任を負うものではありません。

第14条(コンテンツについて)

1. 本サービス上に掲出されるコンテンツや各種情報(映像、音声、文章、写真など)に関する一切の権利(著作権、意匠権その他の知的財産権、肖像権、パブリシティ権やデータに対するアクセス権などを含みます。)は、当社またはその権利を有する第三者(募集者を含みます。)に帰属しています。
2. ユーザーは、本サービスに掲出した情報(映像、音声、文章、写真など)などの知的財産権等につき、当社に対し、日本国内外において無期限、無償かつ非独占的に使用(複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、出版、翻訳、翻案などを含みます)する権利を許諾し、かつ第三者への再許諾を認めるものとします。ユーザーはこれらの知的財産権等について著作者人格権を無期限に行使しないものとします。
3. ユーザーは、本サービスに掲出した情報について、当社、他のユーザー、その他の第三者の知的財産権、肖像権、パブリシティ権、その他の権利、プライバシー等を侵害していないこと、守秘義務等の契約上または法令上の義務に違反していないこと、名誉もしくは信用の毀損や犯罪に結びつく行為に関連していないことを保証するものとします。
4. ユーザーが投稿した文章、画像、動画その他のデータについて、当社は、その内容の真実性、メッセージ性、意図などを損なわない範囲で、自由、無償で複製、複写、改変などの編集ができるものとします。

第15条(禁止事項)

1. ユーザーは、本サービスの利用に際して以下に定める行為(以下に定める行為のいずれかを援助または助長する行為を含みます。)またはそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。
① 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
② 公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある行為
③ 当社または第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権その他法令上または契約上の権利を侵害する行為
④ 当社の事前の承認なく商用または宣伝目的に基づき本サービスを利用する行為
⑤ 宗教活動または宗教団体への勧誘行為
⑥ 性行為やわいせつな行為を目的とする行為
⑦ 面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為
⑧ 社会一般あるいは特定他者に嫌悪感を与える情報を表示する行為
⑨ ポルノ、売春、風俗等の営業、またはこれらに関連する情報を表示し、または表示させる行為
⑩ 迷惑行為、嫌がらせ行為、誹謗中傷行為、その他第三者に精神的被害・経済的被害を与える可能性のある行為
⑪ 上記のほか本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為
⑫ 過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容を含む表現を表示し、または表示させる行為
⑬ スパム行為
⑭ 当社または第三者になりすます行為
⑮ 第三者の個人情報を不正に収集、開示または提供する行為
⑯ 第三者に自己のユーザーIDを利用させる行為、不正アクセス行為、第三者のユーザーIDの利用行為、複数のユーザーIDの付与を受ける行為その他これらに類する行為
⑰ 本サービスのサーバやネットワークシステムに支障を与える行為
⑱ 当社、ユーザーその他の者のコンピューターに不正操作を行う行為(本サービスの不具合を意図的に利用する行為を含みます。)
⑲ その他当社による本サービスの運営または第三者による本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為
⑳ 宣伝や商用を目的とした広告・勧誘その他の関連行為(ただし、当社が別途承認した場合を除きます。)。
㉑ その他当社が不適切と合理的に判断した行為
2. 前項に定める禁止行為に抵触した場合において、当社が何らかの損害を被った場合、ユーザーは当社に対して損害の賠償をしなければならないものとします。

第16条(退会)

1. 退会を希望するユーザーは、当社所定の方法により退会の申請をすることができます。
2. 当社は、以下に該当する事由があると当社が判断したときは、ユーザーを退会処分とするか、資格を停止することができるものとします。当社は、退会処分または資格停止をした理由を開示する義務を負いません。
① ユーザー登録情報の誤りやユーザーのアクセス環境の障害等により、本サービスの提供に障害が生じたとき
② 登録情報に不正が認められた場合
③ 他のユーザーに対する迷惑行為があった場合
④ 本規約のいずれかの条項に違反した場合
⑤ 第4条第3項各号に定める登録拒否事由に該当したとき
⑥ その他ユーザー登録を継続することが不適当である場合
3. 前各項に基づき退会処分となったユーザーは、当社に負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに全ての債務の支払いを行うものとします。
4. 退会処分は、既に締結されているユーザー間契約には影響を及ぼさず、プロジェクトに対する支援手続きが完了したユーザー間契約につき相手方に対して引き続き義務を負うものとします。

第17条(登録情報・個人情報等の取扱い)

1. 当社は、当社のプライバシーポリシーに従い、ユーザーの個人情報を適切に取り扱うものとします。
2. 当社は、氏名、電話番号、住所、メールアドレス、生年月日、性別、クレジットカード情報、金融機関の口座情報、プロジェクトの責任者や登録ユーザーの履歴等の個人情報を含む、ユーザーが当社に登録した登録情報について、以下の各号に定める目的で利用することができるものとします。
① プロジェクトに関する支援、支援の勧誘、リターン・ギフトの発送、登録ユーザーの属性分析、本人確認等を含む本サービスの提供に必要な範囲での利用
② 当社及びプロジェクトまたは第三者の販売促進活動(ダイレクトメールの送付、電子メールの送信を含みます。)
③ 本サービスの品質管理のためのアンケート調査、及び分析
④ 本サービスのアフターケア、問い合わせ対応
⑤ 本サービスの運営に関する事柄についての連絡、追加サービス等の情報提供
⑥ 本サービスにおけるシステムの維持、不具合対応
3. 登録ユーザーは、本サービス上でユーザー間取引を承諾することにより、当社が募集者に対して、以下の通り情報を提供することに同意したものとして取り扱われます。
① 提供する目的
・募集者によるリターンやギフトの提供
・リターンやギフトの品質管理のためのアンケート調査および分析
・アフターケア、問い合わせ対応 
② 提供する情報
・注文ID、購入日/注文登録日、ユーザーID、ユーザー名、氏名、生年(月日の提供はされません。)、性別、電話番号、リターン・ギフトID、リターン・ギフトタイトル、リターン・ギフト内容、寄付金額等
※配送予定のリターン、ギフトがある場合は、上記に加えて、郵便番号、住所等が提供されます。
③ 提供時期及び方法
・プロジェクト期間終了後にデータにて提供
4. 当社は、氏名、電話番号、住所、メールアドレス、生年月日、性別、クレジットカード情報、プロジェクトの購入履歴等の個人情報を含む、ユーザーが当社に登録した登録情報について、次の各号の場合を除き、本人以外の第三者に開示しないものとし、かつ本サービスを提供していく上で必要な範囲を超えて利用しないものとします。
① 別にユーザーの同意が得られた場合
② 前項に定める場合
③ プロジェクトへの支援、支援の勧誘、リターンやギフトの発送または本人確認等を含む本サービスの提供のために必要な場合
④ 当社及びプロジェクトまたは第三者の販売促進活動 (ダイレクトメールの送付、電子メールの送信を含みます。)
⑤ 本サービスの品質管理のためのアンケート調査や分析
⑥ 本サービスのアフターケア、問い合わせ対応
⑦ 代金の回収のために必要な場合
⑧ 当社の権利行使に必要な場合
⑨ 合併、事業譲渡その他の事由による事業の承継の際に、事業を承継する者に対して開示する場合
⑩ 個人情報保護法その他の法令により認められた場合
5. ユーザーは、本サービスに登録した個人情報について、開示、削除、訂正または利用停止の請求ができるものとし、本人からの請求であることが確認できる場合に限り、当社はこれに速やかに対応するものとします。当社の本サービスにおける問合せ窓口は以下の通りです。
 メールアドレス: info@myself.tokyo

第18条(Cookie等及びIPアドレス情報)

1. 当社は、以下各号の目的を達成するため、Cookie・広告識別番号及び利用者から取得したアクセスログ(IPアドレスを含み、以下「Cookie等」といいます)を利用することがあり、利用者はこれを承諾するものとします。
① ユーザーが登録情報の一部を入力することにより、全部を入力する手間を省くため
② 利用者の動向を分析し、よりよいサービスを企画、提供するため
2. 利用者は、その利用するパーソナルコンピュータやスマートフォン端末等における設定やブラウザの設定により、Cookieの受理を承諾するものとします。ブラウザの設定によりCookieの受理が拒否される場合、当社は利用者の情報を正しく認識できない可能性がありますが、それに起因して利用者に生ずる損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第19条(本サービスの停止等)

1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
① 本サービスに係るコンピューター・システムの点検または保守作業を行う場合
② コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
③ 地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変など不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
④ その他、当社が停止または中断を必要と判断した場合
2. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について、当社の故意または重大な過失によるものでない限り、一切の責任を負いません。

第20条(本サービスの内容の変更、終了)

1. 当社は、本サービスの内容や機能・利用料金等を変更し、追加し、削除することができるものとします。
2. 当社は、当社の判断によっていつでも本サービスを廃止できるものとします。
3. 当社は、本サービスに関わる重要な機能・利用料金等を変更・廃止し、または、本サービスを廃止する場合、事前に当社ウェブサイトに掲示する等適切な方法により、ユーザーにその旨を周知するものとします。
4. 当社は、本条に基づく本サービスの廃止または変更によって生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

第21条(免責等)

1. 当社は、本サービスに掲載されたプロジェクトに関し、以下の事項を含む一切の事項について何らの表明及び保証も行いません。

① プロジェクトページに記載されている情報が、最新、正確かつ真実に適合するものであること

② 募集者が支援者に提供するリターンやギフトが、支援者が期待する性質、品質、財産的価値その他の性能を備えていること

③ プロジェクトの実施およびリターンまたはギフトの提供が、募集者または支援者に適用のある法令または規則に抵触しないことまたは公序良俗に反しないこと

④ プロジェクトがプロジェクトページに記載された内容および手順において実施されること

2. ユーザーは、本サービスの利用に関連して課税が生じることがあることを確認するものとします。当社は、ユーザーの税務または会計に関する事項について何らの判断を行わず、また、一切の責任を負わず、ユーザーが自らの費用負担と責任において確認および対応するものとします。

3. 本サービスの利用のため、インターネットにアクセスするのに必要な機器、ソフトウェア、通信手段は各ユーザーが自身の責任と費用で準備、設置、操作するものとします。

4. ユーザーが使用する機器、設備またはソフトウェアが本サービスの利用に適さない場合、通信回線やコンピューター等の障害、その他、原因不明を含めた何らかの理由・事情でユーザーが本サービスを利用できなかった場合、アクセス過多、その他、原因不明を含め何らかの理由・事情で利用しづらくなったりした場合、それらの状況下でユーザーに何らかの損害や不都合が発生しても当社は一切の負担、責任を持ちません。またサービスの変更、改修等の義務も負いません。

5. 通信回線やコンピューター等の障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データ消失、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他、本サービスに関し、アクセス環境が原因で生じたユーザーの損害について、当社は一切の責任を負いません。

6. 本サービスやサービスに対し、当社外から不正行為が行われ、その結果、ユーザーに何らかの損害や不都合が生じても、当社は一切の責任を負いません。

7. 本サービスからリンクされている外部サイトのコンテンツ、広告、商品、役務など一切について、当社は一切責任を負いません。リンク先の外部サイト上のコンテンツ、広告、商品、役務などに起因または関連して、ユーザーに何らかの損害や不都合などを生じても、事情に関わらず、当社は一切責任を負いません。

第22条(本規約の変更)

1. 当社は、以下の各号のいずれかの場合に、当社の裁量により本規約を変更することができるものとします。

 (1) 本規約の変更が、ユーザーの一般の利益に適合するとき

 (2) 本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき

2. 当社は、前項による本規約の変更にあたり、事前に本規約を変更する旨および変更後の規約の内容と効力発生日を当社のウェブサイトに掲示する等の方法により、ユーザーに周知するものとします。

3. 変更後の本規約の効力発生日以降に本サービスを利用したユーザーは、変更後の本規約に同意したものとして取り扱われます。

第23条(通知等)

1. 本サービスに表示する内容に関してプライバシー侵害・名誉毀損等に関する問題がある場合、本サービス利用に伴うユーザー遵守事項にユーザーが違反しているのを発見した場合、その他当社に対する問い合わせが必要な場合は、以下のメールアドレス宛にご連絡ください。

メールアドレス: info@myself.tokyo

2. 当社のユーザーに対する通知は、ユーザーが当社に通知したユーザーの電子メールアドレス宛に電子メールを発信することにより、ユーザーに通常到達すべきときに到達したものとして取り扱われます。

第24条(準拠法・管轄裁判所)

1. 本規約は日本法を準拠法とし、日本法に従って解釈されるものとします。

2. 本サービスに関する一切の紛争は、その訴額により東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とするものとします。